2008年05月18日

中国との取引をソフトバンクとAlibabaが

 ソフトバンクとB2B取引サイト運営の中国Alibaba.comは5月15日、Alibabaの日本法人を合弁会社化し、日本国内で共同展開することで合意した。中国など海外企業との取引を検討している国内中堅・中小企業をターゲットに普及を図っていく。

 ソフトバンクは5月末ごろ、Alibaba日本法人「アリババ」の増資に応じ、合弁会社化する。資本金は約10億円で、ソフトバンクが65%、Alibabaグループが35%を出資する。社長は香山誠氏。ソフトバンクの孫正義社長は取締役に就任する。

 B2B取引サイト「Alibaba.com」は1999年にオープンし、中国を中心に利用が拡大。現在は登録ユーザー約3000万、240カ国・地域で利用されている大手サイトに成長した。

 中国製品を仕入れて、商売する。ということが簡単になる。

http://www.alibaba.co.jp/

posted by nenry at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。